EPAとは?その効果とそのメカニズム、摂取方法、過剰摂取の副作用

EPAはDHAと並んで注目されている栄養素です。EPAはエイコサペンタエン酸の略で、主にサバやイワシ、サンマといった青魚に多く含まれています。必須脂肪酸であるので、体のなかで合成することができず、食べ物などから摂取しなくてはなりません。摂取することで、血液をサラサラにする、アレルギーの症状を和らげる、炎症を抑える、生活習慣病を予防するといった効果の他、精神を安定させるといった作用もあります。 EPAのメカニズムとしては、血小板が集まって固まるのを防止する働きがあります。赤血球の形を変えることもできるので、細い血管である末梢血管へもスムーズに血液を運ぶことができます。その結果血栓などができにくくなります。また、血液中の善玉コレステロールを増やす作用があり、中性脂肪を減らす作用が強いので血液をサラサラとしたものにすることができます。 摂取方法としては、新鮮な魚に多く含まれているため刺身として摂取するのが良いでしょう。毎日刺身が難しい場合は煮魚にしたり、焼き魚にしたりして食べますが、この場合栄養分が20%ほど流れ出てしまいます。唐揚げなどにしてしまうと半分以上流れ出てしまうので、煮魚にした場合はその汁も一緒に摂るようにします。ホイル焼きなどにしても良いでしょう。 また、EPAは大変酸化しやすい栄養素でもあります。にんじんに多く含まれているβカロテンや緑黄色野菜やゴマ、アーモンドなどに多く含まれているビタミンEを一緒にとるようにすると酸化を防止することができます。 過剰摂取に関しては、あまりに摂りすぎるとけがをした時になかなか出血が治まらない他、下痢や鼻血、嘔吐といった副作用が出ることがあります。まれに、血圧が低下してしまうこともあります。EPAとDHAを合わせて1gが1日の目標摂取量であるので、こえないように気を付けましょう。ハマチであれば4切れ、マグロのトロでは3切れほどが1gとなります。