クリルオイルとは?その効果とそのメカニズム、過剰摂取の摂取方法

最近、日本で大きな話題を集めているのが、クリルオイルです。 クリルオイルとは、南極おきあみから抽出した成分で、EPAやDHAが豊富に含まれています。 EPAやDHAは、不飽和脂肪酸で、世界中で注目されている成分です。 高い健康増進効果が期待できるため、多くの人が利用しています。 南極おきあみのEPAとDHAは、青魚のものとは違って、リン脂質に結びついた構造をしているのです。 リン脂質は、血液中にも存在している細胞膜の成分となる脂質のことで、脂肪の運搬にも関わっています。 クリルオイルの成分が働くメカニズムを把握しておくと、健康に役立てることができます。 クリルオイルの大きな特徴のひとつが、魚油よりも酸化されにくいという点です。 体には、できるだけ新鮮なものを取り入れることが大事です。 フレッシュな状態を長く保つことができるクリルオイルは、安心して摂取することができます。 南極海は、汚染が少ない場所なので、南極おきあみから抽出されるオイルは、安全性が高いと考えられています。 クリルオイルを摂取することで、脳や生殖機能の改善効果や、肝機能の保護効果、月経前症候群の改善や緩和効果が期待できます。 日本は関節炎で悩んでいる高齢者が増えています。 関節の痛みがひどくなると、歩くことも難しくなり、日常生活にも支障が出ることがあるので注意が必要です。 クリルオイルには、関節炎による炎症を抑える働きもあるので、関節炎の痛みを抱えている人に人気があります。 DHAは、脳機能を効率良く改善する効果で有名で、様々な方面から注目を集めています。 イワシオイルと比べた研究では、クリルオイルの方が優れているという結果が出ています。 天然由来の成分なので、副作用の心配もなく、高齢者でも安心して摂取することができます。 摂取方法は、サプリメントで摂取する人が多いです。 サプリメントは、持ち運びが便利で、いつでも好きな時に摂取することができるため、ドラッグストアでもオンラインショップでも売れています。