ナットウキナーゼとは?その効果とそのメカニズム、過剰摂取の摂取方法

ナットウキナーゼはその名前の通り、納豆に含まれている成分で、特有のネバネバに含まれている酵素のことです。ナットウキナーゼには、血栓溶解作用による血栓症の予防、高血圧の予防、コレステロール値を下げる効果があります。そのメカニズムは、ナットウキナーゼが血栓の主成分フィブリンに働きかけて、血栓を直接溶かす作用と同時に、血栓を溶かす効果がある酵素のウロキナーゼを活性化させます。ナットウキナーゼは唯一、血栓を直接溶かす効果があると言われている成分で、点滴で使われる血栓溶解作用があるウロキナーゼよりも効果が高いと言われており、持続時間も約100倍も長いと言われています。他にも血栓を溶けにくくしている物質を溶解する、血栓の溶解にかかる時間を短縮する、血栓溶解酵素のプラスミンの働きを助けるといった効果が在ることがわかっています。これらの効果で血液がスムーズに流れやすくなりますので、血栓の予防や改善、動脈硬化の予防や改善、高血圧の予防効果などが期待できるのです。 ナットウキナーゼの摂取方法は、食べ物からの摂取の場合には納豆を食べるようにすることです。納豆キナーゼは熱に弱いという性質がありますので、生食で食べると良いと言われており、摂取の目安は1日2000FUだと言われています。納豆1パックが1000FUほどだと言われていますので、1日に1〜2パック程食べれば充分な量を摂取することができます。しかし、納豆が苦手だという人の場合にはサプリメントを利用すると良いでしょう。効率よくナットウキナーゼを摂取することができます。 気になるのは副作用です。日本では伝統的に食べられてきた食品に含まれている成分のため、特に副作用を心配する必要はないと言われています。注意点としては、血液をサラサラにしてしまうため、病気の治療などで抗血液凝固作用があるワーファリンなどを服用している場合、その作用を弱くしてしまう可能性があります。